ぢろぐ~馬鹿が日本を元気にする

このブログは、「馬鹿が日本を元気にする」を理念に掲げ、 泣いたり笑ったり、ときおり本気で闘ったりしている、 BNGグループ代表 蔵元二郎の日々をつづる、ちょっと九州男児な日記である

経験則に束縛されていない“出る杭”の使命

time 2015/10/16

経験則に束縛されていない“出る杭”の使命

先に言っておきますが、自慢ネタですw
BNGパートナーズではありませんが、グループ内のハレーションの一つ。

 

 

制作部門が苦しんで苦しんでまとめあげた内容に関して、営業部門が異論を唱え、一瞬ストレスを抱えた現象がありました。

 

 

今回、制作部門は難産でした。
時間が圧倒的に足りない、当初の戦略を大幅に見直さなければならない、という状況でした。
制作部門は本当に本当に頑張ってくれました。
本当に本当に感謝でいっぱいです。

 

 

しかし、大幅な見直しを、突然聞いた営業部門は当惑しました。
「もっと、AAAが良いのでないか?」
「BBBは削除すべきではないのではないか?」
その意見は、貴重ではありますが、不十分なものでした。
当然です、深い議論に参加してないので、大幅修正の経緯を理解しろというのは無理があります。
そんな意見を言いながらも、「それはそうと、CCCは責任を持って仕上げますが」と言ってくれた営業部門にも、本当に本当に感謝です。

 

 

残念ながら、制作部門と営業部門が再び、十分に議論を重ねる時間は残されてませんでした。

 

 

そんな状況で、僕にアドバイスのバトンが回ってきました。
僕は「確かに営業部門の改善提案は十分な内容を伴っていないのが現状かもしれないが、出る杭は伸ばせる環境を作ろうよ」と制作部門にアドバイスしました。

 

 

「君の改善提案は内容が稚拙だ」と一蹴しなかった制作部門には、BNGグループのメンバーとして、誇りに感じます。

 

 

営業部門は、まずは戦略を実行することで、戦略の意味を知り、改善提案に必要な情報や知識、経験を積むのが近道だと感じました。

 

 

彼の提案は非常に理想的ですが、現実的な課題は山積しています。
でも、そういう難題を解決できるのは「経験則に束縛されていない“出る杭”の使命」だと思ってくれたら嬉しいです。

 

 

そのチームには残された時間が少ないです。
早急に現場で結果を出さないと、もっと大きな課題が産まれる状況です。

 

 

知識と経験と思考を振り絞って、不可能と言われた時間で戦略とコンテンツを仕あげた制作部門。
十分な知見を持たない状況で、現実に屈せずに理想を実現しようと邁進する営業部門。

 

 

お互いが伸ばしあって、理想をあきらめずに、互いに向上することが出来れば、きっと明るい未来が待っていると思います。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd05/www/jp/r/e/gmoserver/9/3/sd0070893/bngpartners.co.jp/blog_jiro/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

down

コメントする




プロフィール

蔵元ぢろ

蔵元ぢろ

鹿児島県出身。九州大学卒業後、大手金融機関にて採用・経営企画に携わった後に、ベンチャー企業にて新規事業の立ち上げに従事。 で、いろいろ経て。27歳で、ジェイブレインという会社を創りましたとさ。 34歳でBNGパートナーズを起業しましたとさ。気が付けば7社くらいのBNGグループになりましたとさ。つづく。